1: ばーど ★ 2018/01/17(水) 13:43:53.08 ID:CAP_USER9
阪神大震災から23年。雨の中、発生時刻に黙とうする大勢の人たち=神戸市中央区で2018年1月17日午前5時46分
no title


6434人が犠牲になった阪神大震災は17日、発生から23年となった。雨の中、多くの人々の人生を一瞬で変えた午前5時46分、各地で追悼行事が営まれ、静かな祈りがささげられた。神戸市中央区の東遊園地には、阪神地域だけでなく、全国の被災地からも多くの遺族や関係者が訪れた。

同市兵庫区の内職業、大石博子さん(68)は「慰霊と復興のモニュメント」で、高校1年だった次女朝美さん(当時16歳)の名前が刻まれた銘板をそっとなで、「私が代わってやりたかった」とこぼした。幼稚園の先生になるのが夢で、あの日も未明まで勉強していた。がれきの中に3時間以上閉じ込められ、名前を叫んだが返事はなかった。「私、横におったんです。(揺れが起こった)最初は手も握っていたけど、何で離してしまったんかな」。23年がたつが「震災は今も昨日のことのようです」と語った。

同市中央区の会社員、平島智恵さん(38)は、親戚の宮原和夫さん(当時4歳)を思い、竹灯籠(とうろう)の火を見つめた。2人は姉弟と間違えられるほど仲良しで、震災前日にもかくれんぼをして遊んだ。この日は体調不良だったが、テレビで式典の映像を見るうち、「(宮原さんが)私を待っている」と思い、駆け付けた。雨で消える竹灯籠の火を何度も付け直しながら、「この火から一人一人の命、思いを感じる。少しでも多く、長く燃え続けてほしい」と願った。

東日本大震災(11年)の被災者も参列。津波で妻典子さん(当時50歳)を亡くした宮城県名取市の木皿俊克さん(61)は、14年に初めて神戸に来た時、ボランティアから掛けられた「大丈夫や。絶対復興するから」という言葉が忘れられない。「自分が不安を抱えていた時、神戸の人が励ましてくれた。恩返しがしたい」と語った。

配信2018年1月17日 11時29分(最終更新 1月17日 12時51分)
西日本新聞
https://mainichi.jp/articles/20180117/k00/00e/040/245000c

14: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 14:02:23.12 ID:WOo8U49d0
1995年は異常な年だったよね。

この神戸の地震がそうだし、3月にはオウム真理教による地下
鉄テロがあった。

それから、この2つと比べると目立たなかったんだが、1ドルが
80円を切るという、ものすごい円高もあったんだよね。

1994年までは、バブルが崩壊していたとは言え、まだ浮かれ
気分が残ってたんだが、1995年になったら日本社会の雰囲気
が悪いほうへ変わってきた。

16: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 14:19:43.55 ID:Orm58owV0
>>14
あのときは、膨大な復興需要で、バブル崩壊に苦しんでいた日本経済が持ち直しすのではないかと思ったが、とんでもなかったな。結局、日本の政治経済社会の混迷は長期化、かつ深まったわけだから。

15: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 14:14:25.32 ID:ZY57H7ic0
もう23年か幼稚園の時母がテレビ見ながら泣いてたの思い出すな。
知り合いが多く住んでたみたいだ。

24: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 14:41:42.42 ID:ojeZ5sU20
Windows95の年だもんな。
これ以降イイカゲンイイカゲンな時代

26: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 14:51:57.30 ID:G5ox10DI0
ワイ熊本だけど、この人らの犠牲で得られた教訓と反省のおかげで無事こうして
生きてると思ってる。合掌。

この地震がなかったら、耐震技術とか全然進歩しなかったと思うしな。

28: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 15:23:53.95 ID:85cZmg1Y0
>>26
日本の耐震技術は関東大震災以来磨かれ続けてきた
大きな地震のたびに何故壊れたのかを研究し続けて
これの5年後の平成12年に改正された基準で大体完成といっていい

29: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 15:39:42.27 ID:/KGG0nco0
>>28
日本すげえな

30: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 16:05:27.72 ID:85cZmg1Y0
>>29
1923(大正12)年9月1日 関東地震 M7.9

1924(大正13)年 市街地建築物法に「耐震規定」制定
筋交,壁の配置を義務づけ。
1948(昭和23)年6月28日 福井地震 M7.1
震度7(激震)を新設。動的解析の必要性に着目。

1950(昭和25)年 建築基準法制定
市街地に限らず,全国すべての建物に基準を適用。長期,短期の考えかたを取り入れた許容応力度設計法を規定。木造の耐震規定制定。
1964(昭和39)年6月16日 新潟地震 M7.5
砂質地盤の液状化現象,石油タンクの火災が発生。

1968(昭和43)年 霞が関ビルディング竣工 ②
日本初の超高層,高さ147m,36階。電子計算機による地震応答のシミュレーション計算。振動解析と耐震設計の融合による動的設計法スタート
1968(昭和43)年5月16日 十勝沖地震 M7.9
RC造に被害続出。柱の耐力・靱性不足が指摘される。

1971(昭和46)年 建築基準法施行令改正
靱性のある柱の設計へ。

1981(昭和56)年 建築基準法施行令改正
「新耐震設計法」に移行。震度法から建物の
振動特性に応じた地震力算定へ。
1995(平成7)年1月17日 兵庫県南部地震 M7.3 ③
阪神・淡路大震災。木造の老朽家屋などの倒壊による死者多数。新耐震設計法による建物被害は小。
液状化,高速道路橋の倒壊などの土木被害も顕著。

2000(平成12)年 新建築基準法施行
性能規定へ移行。限界耐力計算の導入。
時刻歴応答解析において告示波を規定。

33: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 17:07:12.17 ID:lerE8OOh0
>>30
熊本地震で新耐震の建物が壊れたものがあるから、耐震基準はまだ試行錯誤中なんじゃないの?

37: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 20:09:37.32 ID:G5ox10DI0
>>33
確かにまだまだ道半ばと思うけど、それでも実際命や家財を失わずに済んだ人は多いと思う。

45: 名無しさん@1周年 2018/01/18(木) 05:32:03.85 ID:CRZ7eAyQ0
>>33
耐震基準は壊れないじゃなくて、倒壊しないためだから
阪神淡路みたいな下敷きになったりして助けられないなんて事にならない為のだから
勘違いしているヤツが多いけどね

元スレ:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516164233/