1: 孤高の旅人 ★ 2018/01/05(金) 06:47:48.44 ID:CAP_USER9
学校教育、認知症予防に効果?欧米で発症割合が減少
1/4(木) 5:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000003-asahi-soci

 認知症になる人の割合が以前より減っている――。これまでの想定と異なる報告が最近、欧米で相次いでいる。理由の一つとみられるのが、若いころに受ける「教育」だ。教育の充実で、認知症の約8%を防げるという。ただ、日本では増加傾向が続く。

 英国の研究チームによると、65歳以上に占める英国の認知症患者の割合は1991年時点で8・3%だったが、2011年には6・5%に。英国内では91年に66万4千人の患者がいたとされ、高齢化のペースを加味すると、11年には88万4千人になると予想されたが、改めて調べると67万人だった。人数自体は増えたが、予想より21万人以上少なかった。

 米国でも同様の結果が判明した。1万人規模の調査で、65歳以上に占める患者の割合は00年に11・6%なのが12年には8・6%に。

 「減少」の有力な要因の一つが学校教育だ。米国の調査では、対象者が教育を受けた平均期間は00年の「11・8年」から12年の「12・7年」に延びた。教育を16年間以上受けた人の認知症リスクは、12年未満の人の4分の1ほどだった。

11: 名無しさん@1周年 2018/01/05(金) 07:36:20.04 ID:k/BxkgcM0
>>1
ゆとりと団塊の弊害

2: 名無しさん@1周年 2018/01/05(金) 06:49:57.12 ID:lZPsRGYk0
何か違う、それ何か違う気がする

4: 名無しさん@1周年 2018/01/05(金) 06:57:27.52 ID:++0OeJ320
結晶性記憶が磨り減っても元が大きいから
想起の経路が豊富なのかね

5: 名無しさん@1周年 2018/01/05(金) 07:23:36.60 ID:9nCC5SHr0
ぼけ

「適量のお酒」ですら脳の認知機能の低下を早めるとする調査結果が2017年に発表され、飲酒が体に与える影響が徐々に明らかになってきました。

Natureに発表された最新の研究では、飲酒が幹細胞のDNAに不可逆なダメージを与え、ゆえにがんが引き起こされるのだとする証拠が示されています。

6: 名無しさん@1周年 2018/01/05(金) 07:24:37.84 ID:WB3LY/PP0
日本の場合は働きづめで定年迎えてパッとすることが無くなるのがボケやすい要因だと思う
あとは一番多い団塊世代がちょうどボケる年代に来ているから相対的に増えて見えるだけ
年代別の割合いとしては変わり無いのでは?

9: 名無しさん@1周年 2018/01/05(金) 07:33:46.57 ID:jd4zKsCE0
アメリカのコミュニティカレッジなんてジジババしかいないぞ

10: 名無しさん@1周年 2018/01/05(金) 07:35:09.45 ID:hFppPBMC0
認知症の原因は糖尿、アル中も結構ある

教育があれば食生活の乱れやアルコール依存が減るからでしょね

13: 名無しさん@1周年 2018/01/05(金) 08:00:05.21 ID:hFppPBMC0
大卒なら4分の一ってすごい

15: 名無しさん@1周年 2018/01/05(金) 08:13:46.26 ID:rFOmzcKu0
実は

生後3歳までの教育が極めて重要

勝負は3歳まで

18: 名無しさん@1周年 2018/01/05(金) 08:20:34.21 ID:hFppPBMC0
ほとんど教育ゼロの日本の80代はやばいな

逆に70未満は大卒半数で安心と

元スレ:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515102468/