1: 泥ン ★ 2017/12/19(火) 02:06:19.83 ID:CAP_USER9
読売新聞 2017年12月15日 05時20分
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20171214-OYT8T50003.html
(『核DNA解析でたどる日本人の源流』に掲載された図をもとに作成)
no title

no title

沖縄・石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡から出土した約2万7000年前の日本最古の人骨
no title


 日本人のルーツの一つ「縄文人」は、きわめて古い時代に他のアジア人集団から分かれ、独自に進化した特異な集団だったことが、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の斎藤 成也 教授らのグループによる縄文人の核DNA解析の結果、わかった。現代日本人(東京周辺)は、遺伝情報の約12%を縄文人から受け継いでいることも明らかになった。縄文人とは何者なのか。日本人の成り立ちをめぐる研究の現状はどうなっているのか。『核DNA解析でたどる日本人の源流』(河出書房新社)を出版した斎藤教授に聞いた。

世界最古級の土器や火焔土器…独自文化に世界が注目

 縄文人とは、約1万6000年前から約3000年前まで続いた縄文時代に、現在の北海道から沖縄本島にかけて住んでいた人たちを指す。平均身長は男性が160センチ弱、女性は150センチに満たない人が多かった。現代の日本人と比べると背は低いが、がっしりとしており、彫りの深い顔立ちが特徴だった。

 世界最古級の土器を作り、約5000年前の縄文中期には華麗な装飾をもつ火焔土器を創り出すなど、類を見ない独自の文化を築いたことで世界的にも注目されている。身体的な特徴などから、東南アジアに起源をもつ人びとではないかと考えられてきた。由来を探るため、これまで縄文人のミトコンドリアのDNA解析は行われていたが、核DNAの解析は技術的に難しかったことから試みられていなかった。

 斎藤教授が縄文人の核DNA解析を思い立ったのは、総合研究大学院大学教授を兼務する自身のもとに神澤秀明さん(現・国立科学博物館人類研究部研究員)が博士課程の学生として入ってきたことがきっかけだった。「2010年にはネアンデルタール人のゲノム(全遺伝情報)解読が成功するなど、世界では次から次に古代人のDNAが出ていたので、日本でもやりたいと思っていた。神澤さんが日本人の起源をテーマにしたいということだったので、縄文人の核DNA解析に挑戦することにした」と振り返る。

福島・三貫地貝塚人骨のDNA解読に成功

 問題は、縄文人骨をどこから手に入れるか、だった。ねらいをつけたのは、自身が東大理学部人類学教室の学生だったころから知っていた東大総合研究博物館所蔵の福島県・三貫地貝塚の人骨だった。同貝塚は60年以上前に発掘され、100体を超える人骨が出土した約3000年前の縄文時代後期の遺跡。同博物館館長の諏訪元教授に依頼すると、快諾。男女2体の頭骨から奥歯(大臼歯)1本ずつを取り出し、提供してくれた。

 解析を担当する神澤さんがドリルで歯に穴を開け、中から核DNAを抽出。コンピューターを駆使した「次世代シークエンサー」と呼ばれる解析装置を使い、核DNAの塩基32億個のうちの一部、1億1500万個の解読に成功した。東ユーラシア(東アジアと東南アジア)のさまざまな人類集団のDNAと比較したところ、驚くような結果が出た。中国・北京周辺の中国人や中国南部の先住民・ダイ族、ベトナム人などがお互い遺伝的に近い関係にあったのに対し、三貫地貝塚の縄文人はこれらの集団から大きくかけ離れていた。

 「縄文人は東南アジアの人たちに近いと思われていたので、驚きでした。核DNAの解析結果が意味するのは、縄文人が東ユーラシアの人びとの中で、遺伝的に大きく異なる集団だということです」と斎藤教授は解説する。

続きは>>2

6: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:10:22.58 ID:zpKXDQaz0
>>1
> 現代の日本人と比べると背は低いが、がっしりとしており、彫りの深い顔立ちが特徴だった。

なんか ネアンデルタール人みたいだな

220: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 04:25:59.52 ID:rHzWQeDHO
>>6
ネアンデルタールと現世人類は交配していた?んだっけ?
そんなふうな話が有ったような
ネアンデルタールとはまた別だったような

41: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:26:54.14 ID:cRil5Ikc0
>>1
昔から言われてたそのまんまじゃん。
縄文人がすまっていた日本に、黒潮に乗って新モンゴロイドが移住(天孫降臨)してきて人口を増やし、
やがて東上(神武東征)、奈良京都に都を定める。
だから、南九州~沖縄、東北、北海道は縄文系、南九州から西国は平べったいのっぺりとした新モンゴロイド。
何が新しい発見なわけ?

64: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:49:27.12 ID:8Djb8wo30
>>1
直感的に近いと思ったのが、南北アメリカ先住民、エスキモー、ロシアの一部の民族、北欧のサーミ人、台湾の高砂族だっけ?
民族衣装も酷似してる。

69: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:51:59.66 ID:HpeCte1F0
>>1

何かの本で
「縄文人は、青銅器文化で、宗教は国津神の一族」で日本で先住していた、
「弥生人は、鉄器文化で宗教は天津神の一族」で後から日本に入ってきて、縄文人を征服した

というのを読んだ記憶があるが、だれが記した書籍だったかな?

92: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 03:02:58.86 ID:SO6CWkFx0
>>69
出雲からは銅鐸の鋳型などが発見されているし
銅剣も発見されている
これまで九州の祭儀であった銅剣と本州の祭儀であった銅鐸は
神武の東征まではまったく別別に広まっていたとの通説を覆す発見があった
出雲を構成した人たちはかなり複雑なのか
その地域から東西の文化を共に受け入れていたのかわからないが
簡単に分けれるようなものではないと思うよ

それに国津神と天津神に分けたのは、かなりあとになってからではないか
って思う
崇神天皇の叔母のヤマトトモモソ姫が崇めていた大物主命は
出雲の神の大国主命の別名とされている
つまり大和朝廷初期には出雲の神を崇めていたのだからな
この時代、出雲に畿内は服属していたのではないかと私は思う
その後、畿内が出雲を倒す下克上があったから、それを正当化するために
国譲りの神話や、これまでの神の上位の神として天津神を位置づける必要ができたと考えられる

4: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:09:15.74 ID:cte27x2Z0
南九州の熊襲族・隼人族は、黒潮の流れでたどり着いたムー大陸のムー民の子孫。

熊を襲うほど強い熊襲民族。
隼のように素早い隼人族。
 

11: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:13:01.87 ID:ncOkXs1D0
>>4
ムーミン、、、

29: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:21:18.58 ID:cnlpr3OD0
島根の中でも、隠岐の島人は特に縄文の血が濃いと思うな
実例は俺w

35: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:22:46.67 ID:OOqUddH00
日本列島の中心から離れていくほど標準語とかけ離れた方言になっていくのと類似してるね

46: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:33:35.49 ID:G+ii+o4A0
日本には大昔いろいろな人種がいた
アジアにはよくあること

47: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:36:17.30 ID:LC34H7rf0
縄文人は南との交易ルートを持ったポリネシア人だろ。
その最北端が日本だっただけ。

50: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:38:59.21 ID:zpKXDQaz0
九州の縄文人は鬼界カルデラの大噴火で絶滅したんだろ?

73: 名無しさん@1周年 2017/12/19(火) 02:56:00.69 ID:xwEmxP8d0
どうせまた何年何十年経ったら
全く違う研究結果が出るんだろ

元スレ:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513616779/